植物園,就職,資格

<スポンサードリンク>

ガーデンデザイナーの仕事内容・なるには

植物関係の仕事であるガーデンデザイナーの仕事内容について解説していきます。

 

庭の設計をする

ガーデンとは庭のこと。デザインとは設計のことですから、そのまんまの意味だと庭の設計ということですね。

 

公共・個人問わず公園や庭園の景観をデザインし人々に安らぎを与えます。

 

仕事内容はガーデンデザイナーが実際に草を植えたり石を置いたりするわけではなく、彼らの仕事はあくまで設計です。

 

コンセプトを考えるまでが仕事ですね。ですがそれが再現可能かどうかの判断は植物についての知識がないとできません。

 

ガーデンデザイナーの就職先としては植物園も含まれますね。そのほかには造園会社や園芸店など植物に関する所なら大体選択肢の中だと思います。

 

仕事の流れ

ガーデンデザイナーの仕事の流れはヒアリングから始まります。つまりクライアントさんから希望のイメージ、コンセプトを聞きとる工程ですね。

 

ここをしっかりしとかないと、ガーデンデザインというのは後で簡単に修正というものができませんから大変なことになります。

 

庭の広さや形などを考慮してデザインを固めていき、実際に作る時には指示を送る側に立ちます。

<スポンサーリンク>

関連ページ

バイオ技術者・研究者
植物関係の仕事であるバイオ技術者の仕事内容について解説しています。
ビオトープ管理士
ビオトープ管理士の仕事内容について解説しています。
レンジャー(自然保護官)
植物関連の仕事である自然保護官の仕事内容について解説しています。
樹木医
植物関連の資格である樹木医の仕事内容について解説しています。
生命工学研究者
生命工学研究者という職種も植物とは大いに関係がある仕事ですね。
生物学研究者
植物関係と関係の深い職種である生物学研究者の仕事内容について解説していきます。
花屋さん
植物関係の仕事である花屋さんの仕事内容について解説していきます。