植物園,就職,資格

<スポンサードリンク>

ビオトープ管理士の仕事内容・なるには

ビオトープ管理士の仕事内容について解説しています。

 

どんな仕事?

ビオトープ管理士というのは簡単にいえば環境保護活動です。

 

野生生物の生息域の確保・保護や復元を行ったり、そういった事業の促進を行うことが仕事です。

 

今後の都市計画や農村計画に大きく貢献していくであろう役割を担うのがこのビオトープ管理士となりますね。

 

どうすればなれる?

日本生態系協会がとり行うビオトープ施工管理士試験に合格すれば資格をもつことができます。

 

ただビオトープ管理士という資格自体は直接仕事に結びつくような資格ではありません。

 

この資格を持っている人を社内に抱えていると、ビオトープ関係の入札参加資格が手に入りますので、そういったメリットはあります。

 

なので実際には大学院を卒業して、実務経験を積んで10年とかそれくらいのレベルでないと普通のサラリーマンレベルの所得を得るのは難しいようです。

 

この資格は1級をとらないとプロとして扱われないという厳しい現実もあります。

 

環境保全に大きく貢献する技術者になりたいのなら、相当な勉強と根気が必要であることは間違いないでしょう。

<スポンサーリンク>

関連ページ

ガーデンデザイナー
植物関係の仕事であるガーデンデザイナーの仕事内容について解説していきます。
バイオ技術者・研究者
植物関係の仕事であるバイオ技術者の仕事内容について解説しています。
レンジャー(自然保護官)
植物関連の仕事である自然保護官の仕事内容について解説しています。
樹木医
植物関連の資格である樹木医の仕事内容について解説しています。
生命工学研究者
生命工学研究者という職種も植物とは大いに関係がある仕事ですね。
生物学研究者
植物関係と関係の深い職種である生物学研究者の仕事内容について解説していきます。
花屋さん
植物関係の仕事である花屋さんの仕事内容について解説していきます。