植物園,就職,資格

<スポンサードリンク>

お薦めの植物園 一押しは京都・長野・岡山

私が今まで行った中でとくにおすすめしたい植物園を紹介しています。

 

京都府立植物園

京都府立植物園は私が最もおすすめしたい動物園です。ここは日本で一番最初に開園した公立の植物園でとても長い歴史があります。

 

敗戦後暫くの間は連合国に接収されてしまったため、閉園していましたが1961年に運営の再開をはじめました。

 

敷地がとても広いことでも有名で、24ヘクタールもの面積に12000種類、12万本の植物を展示しています。

 

特に熱帯植物を展示している温室は設計デザインがロマンチックで、まるでおとぎの国に来たような錯覚を起こしてくれます。

 

植物園の様子

 

軽井沢植物園

軽井沢植物園は長野県の北佐久郡軽井沢にある植物園です。

 

園内の歩道はとても効率的に張り巡らされており好きな科目の植物から自由に見て回ることができます。

 

ここの目玉は1600種類以上の軽井沢の山林原野に生息する山野草です。

 

センニンソウやヒカリゴケなどここならではの植物をたくさんみることができます。

 

植物園の様子

 

岡山市半田山植物園

岡山市半田山植物園は岡山県の岡山市にある植物園です。この中では最も植物の数が多く、3200種類15万本もの植物を展示しています。

 

また明治時代からつかわれている配水池や古墳時代中期に築造された古墳などがあり、史跡や文化財が好きな人にもおすすめできます。

 

植物園の様子

<スポンサーリンク>

関連ページ

仕事内容
意外とあまり知られない植物園の仕事内容について解説していきます。
植物園の職員採用を募集している職種
植物園に働く人にはどのような人達がいるのでしょうか。今回は植物園における様々な職種について解説します。
植物園の定義/敷地面積も条件のうち?
何を持って植物園というのは、人によってはよく定義がわからないということもあるので社団法人日本植物園協会における定義を説明しておきます。
植物園の運営目的とは
様々な種類の花と緑に触れることができて、植物の調査や研究など学術的な面にも大きく貢献している植物園。今回は「そもそも何の目的で運営されているのか?」ということについてお話していこうと思います。