植物園,就職,資格

<スポンサードリンク>

植物園職員の仕事内容

意外とあまり知られない植物園の仕事内容について解説していきます。

 

様々な種類の仕事

植物園の仕事は多岐にわたります。

 

■清掃や雑用

 

■植物の管理・育成

 

■種の保存

 

■定期イベントの提案

 

■温室の管理

 

■造園工事

 

■研究結果の発表・・・

 

まあこれら全てを1人の職員がやるわけではなく、それぞれ専門家がいて各々自分の役割を果たすといったところですね。

 

事務や清掃なんかはアルバイトのことも多いですし。

 

施設の維持なんかは植物のエキスパートの専門外になることもあるので、水道管整備のプロに委託する場合もあります。

 

研究や生態系維持

研究に関しては最低でも大学院卒くらいの実績はないと本格的なことには携わらせてもらえないかもしれません。

 

まあ卒業するだけでなく何らかの実績がないと実際は厳しいでしょうね。今や大学院を卒業するなんて誰でもできますし。

 

また植物園で見るのは植物だけでなく、野鳥や昆虫など様々な生物が共生する生態系の様子を観察できるのもまた味というものです。

 

その為には昆虫や生物学に関する知識に長けている人というのも優遇されやすいでしょう。もちろん実績がそれを証明するので資格とか何らかのものがあったほうがいいでしょうね。

<スポンサーリンク>

関連ページ

植物園の職員採用を募集している職種
植物園に働く人にはどのような人達がいるのでしょうか。今回は植物園における様々な職種について解説します。
植物園の定義/敷地面積も条件のうち?
何を持って植物園というのは、人によってはよく定義がわからないということもあるので社団法人日本植物園協会における定義を説明しておきます。
植物園の運営目的とは
様々な種類の花と緑に触れることができて、植物の調査や研究など学術的な面にも大きく貢献している植物園。今回は「そもそも何の目的で運営されているのか?」ということについてお話していこうと思います。
お薦めの植物園/一押しは京都・長野・岡山
私が今まで行った中でとくにおすすめしたい植物園を紹介しています。