植物園,就職,資格

<スポンサードリンク>

植物園関連資格−ビオトープ管理者の難易度や合格率

植物園の職員に関連する資格である「ビオトープ管理者」について解説しています。

 

どんな資格?

ビオトープ管理士資格とは日本生態系協会が実施している資格試験のことですね。

 

自然生態系を保護し、ビオトープ事業の発展に必要な知識や技術を有することを証明する資格です。

 

民間資格であり、実技はなく筆記と面接で合否が下されます。

 

種類と合格率について

ビオトープ管理士には二つの種類がありそれぞれ

 

■計画部門

 

■施工部門

 

が存在します。さらにこの中で1級、2級と階級分けされており1級を受けるには2級資格を取得している必要があります。

 

合格率については1級が30%程度、2級が40%程度とされています。

 

1級の受験資格について

1級ビオトープ計画管理士、または施工管理士の取得をするには一定の条件を満たしている必要があります。

 

・4年制大学卒業+満7年以上の実務経験

 

・大学院卒業後、満4年いじょうの実務経験

 

などですね。他にもいくつかあったので調べてみてください。

 

ビオトープ管理士の仕事内容については別の記事で紹介しているのでそちらも参考にしてみてください。
⇒仕事内容について

<スポンサーリンク>

関連ページ

植物生理学とは/大学で学ぼう
植物生理学という学問について解説していきます。
植物学とは/様々な分類について知ろう
植物学というのは生物学の分野の一つですね。植物園の職員にはこの分野に長けた人が多くいます。
学芸員の難易度や合格率
レクリエーション施設の企画や運営を行う学芸員資格。この資格の合格率や難易度について解説しています。
樹木医の難易度や合格率
植物に関連する資格である「樹木医」の合格率や取得方法、難易度について解説しています。