植物園,就職,資格

<スポンサードリンク>

植物生理学とは 大学で学ぼう

植物生理学という学問について解説していきます。

 

どんな学問?

植物生理学というのは簡単にいえば植物の生態と仕組みを研究する学問のことですね。

 

「植物生理学」という名前からわかる通り直訳すれば植物の生態の理(ことわり)を学ぶ・・・となります。

 

植物園に就職する人が皆が皆植物生理学に精通しているわけではありませんが、研究部門に従事する場合は大学などでこの学問を深く学んだ人が有利になります。

 

近年の成果

この研究分野は最近になって研究成果がめざましいです。重要な科学史に残るような発見が次々と成されています。

 

花成ホルモンの実体や分子メカニズムも今後明らかになっていくと思います。

 

17世紀より続くこの学問は今後ますます成果をあげていくでしょう。

 

光合成の暗反応や明反応は有名ですが、これは20世紀半ばに発見されました。

<スポンサーリンク>

関連ページ

植物学とは/様々な分類について知ろう
植物学というのは生物学の分野の一つですね。植物園の職員にはこの分野に長けた人が多くいます。
ビオトープ管理者の難易度や合格率
植物園の職員に関連する資格である「ビオトープ管理者」について解説しています。
学芸員の難易度や合格率
レクリエーション施設の企画や運営を行う学芸員資格。この資格の合格率や難易度について解説しています。
樹木医の難易度や合格率
植物に関連する資格である「樹木医」の合格率や取得方法、難易度について解説しています。