植物園,就職,資格

<スポンサードリンク>

植物の呼吸 光合成との違いは?

今回も植物の生態基礎講座ということで、「呼吸」についてわかりやすく解説しています。

 

呼吸って何?

植物は光合成だけで生命活動を維持しているわけではありません。

 

私たち人間と同じように「呼吸」も行います。

 

呼吸というのは光合成とは逆に酸素を吸って二酸化炭素を出す科学反応のことですね。

 

糖などの炭水化物を分解・合成してエネルギーを得ているのです。

 

ただ日中は呼吸よりも光合成の割合のほうが多いので酸素を多く出しています。

 

夜間は光合成を行わず呼吸だけして、二酸化炭素を放出しています。

 

光合成

植物は水素と二酸化炭素を使ってデンプンを作ります。

 

光合成というのは「二酸化炭素を吸って酸素を吐く」という解釈が最もシンプルなものだと思いますが、もう少し掘り下げて書くならば「吸った二酸化炭素を体内で様々な成分と化学反応で見ずに替え、それを酸素に替えて吐く」という感じですね。

<スポンサーリンク>

関連ページ

光合成をしない植物っているの?
植物の世界では常識中の常識である光合成。今回はその光合成をしない植物にフォーカスしたお話をしています。
植物ホルモンの役割/茎の伸長に関わるオーキシンの作用
植物ホルモンというのは植物に存在する物質のことで、植物本体の情報伝達や生理活生を調整する役割を持っています。